歯科衛生士になろう 歯科衛生士とは

歯科衛生士の仕事

国家資格を取得した歯科衛生士の仕事には主に次の3つがあります。
歯科疾病の治療をはじめ、予防や保健指導に至るまで、豊富な知識と高度なスキルで女性にとっては勤務時間帯もはっきりしており、不況にも左右されにくい安定した職場環境であり口腔ケアにより、小さなお子様から高齢者までの健康を守る大切な職業です。

歯科診療補助

歯科診療補助

歯科医師と患者さんへのWサポート!
歯科医師が行う診療の補助を豊富な知識と高いスキルでサポートします。患者さんにも安心して治療がうけてもらえるよう、細やかな気遣いでサポートするのも歯科衛生士の大切な仕事です。

歯科予防処置

歯科予防処置

歯と歯肉・口腔内の健康管理サポート!
歯間や歯茎に汚れが残ってしまうと、歯垢(プラーク)や歯石が発生し、虫歯や歯周病の原因となります。歯垢(プラーク)や歯石を除去し、フッ素などの予防薬による虫歯や歯周病の予防を行えるのは歯科医師と国家資格を持った歯科衛生士にしか出来ない仕事です。

歯科保健指導

歯科保健指導

乳幼児からお年寄りまでの歯の健康サポート!
乳幼児からお年寄り、また障害をもつ方や、介護の必要な方まで正しい歯の磨き方を含む口腔ケアの指導を行い、時には幼稚園や学校、老人ホームや福祉センター等に出掛けて指導を行うこともあります。また、栄養学や食事の摂り方を含めた食生活指導も現代の高齢化社会において重要な仕事となっています。

このページのトップへ