歯科衛生士になろう 国家試験対策

歯科衛生士国家試験は毎年3月上旬(※合格発表は3月下旬)に年1回行われています。

本校では専門課程を取得した卒業生が国家資格を取得し、歯科衛生士としての夢を実現する為のサポート体制を整えています。

2年生の後期から始まる国家試験対策は10月・12月と校内模擬試験に始まり、3年次では計6回の模擬試験を実施しています。8月には模擬試験の結果から、本校教員による少人数制の夏期試験対策集中補講を実施し、更に模擬試験の受験、12月にはまたその結果から、弱点を分析し1人ひとりのレベルに合わせた弱点補強補講や弱点を克服するための課題等を反復学習しています。

1月から試験直前までは大阪歯科大学より講師を招き、試験対策の総まとめとして国家試験直前対策補講を約2か月に渡り実施する事で高い合格率を維持しています。

受験資格

  • 1.文部科学大臣の指定する歯科衛生士学校を卒業した者
  • 2.厚生労働大臣の指定する歯科衛生士養成所を卒業した者
  • 3.外国の歯科衛生士学校を卒業した者、または外国において歯科衛生士免許を取得した者で
    厚生労働大臣が1、2と同等以上の知識および技能を有すると認めた者。

試験会場は北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県の全国10カ所で年1回実施されています。

国家試験科目

試験科目は人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論、歯科保健指導論及び歯科診療補助論の9科目となっています。

試験対策タイムスケジュール

2年次10月第1回 模擬試験
12月第2回 模擬試験
3年次6月第3回 模擬試験
8月夏期試験対策
9月第4回 模擬試験
10月第5回 模擬試験
11月第6回 模擬試験 国家試験対策講義
12月第7回 模擬試験   ↓
1月第8回 模擬試験 国家試験直前対策補講
2月    ↓
3月3月(上旬)歯科衛生士国家試験
(下旬)合格発表

このページのトップへ